スポンサーサイト

  • -
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

スポンサードリンク

一定期間更新がないため広告を表示しています

スポンサードリンク


中華航空機事故の真相
<< 茶のしずくこそ命! | main | 恋空の映画化への道! >>

中華航空機事故の真相

スポンサードリンク

 今回起きた中華航空機の事故、 詳しくお分かりでしょうか?

気になる人のために、今回の中華航空機事件についてです。


中華航空機事故の経過

まず原因ですが、機体は中華航空機、
  
   翼とエンジン接合部の燃料管に不具合があったもようです

  那覇空港で着陸・駐機後に炎上した中華航空機120便
 
                   (ボーイング737―800型機)は、
 
 右主翼下の第2エンジンをつり下げる「パイロン」と呼ばれる接合部周辺で、

 燃料をエンジンに供給する管に不具合が起きて
     
     燃料漏れが起きていた可能性が高いことが、
     
        国土交通省航空・鉄道事故調査委員会の調べでわかった。

 燃料は主翼内部にある高圧ポンプでエンジンに送り込まれており、
   
  事故にあった中華航空機は、

   駐機してからわずか数分間で大量の燃料が機外に流出したとみられる。

     
    事故調などの調べによると、
  
 事故機である、中華航空機は出発時に約7900キロ・グラムの燃料を搭載し、

 那覇空港に到着した際の残量は約4700キロ・グラムだった。

 この中華航空機にかぎらず、航空機は、

  目的地の空港が閉鎖されるなどで引き返したり、
  
  別の空港に行き先を変更したりするなどのトラブルを想定して、

   余分に燃料を搭載する必要があるのです。

 今回の中華航空機の飛行ルートの台北―沖縄間の飛行時間は

    1時間20分程度だが、120便は計3時間分の燃料を搭載していた。

 航空機の燃料システムは、主翼や胴体の燃料タンク内の燃料ポンプで

  燃料に圧力をかけ、

   金属製の燃料管を通じてエンジン内の噴射ポンプに送り込む仕組み。

 この中華航空機には、1時間当たり最大約9000キロ・グラム以上の

     燃料を送り込む能力を持つ高圧ポンプが搭載されている。

 燃料タンク内部の燃料管は、仮に破断しても機外に燃料が漏れることはない。

 このため、事故調ではタンクの外側にある、パイロン周辺の燃料管の接合部分が、

 何らかの原因で外れた結果、
    
     エンジン内部に大量の燃料が流れ落ちた可能性があるとみている。

 今回の中華航空機の事故に限らず、空の事故は怖いですよね^^;

          できるだけのらないようにしましょう。
 
  (読売新聞を参考にしました)

スポンサードリンク


スポンサーサイト

スポンサーサイト

  • -
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

スポンサードリンク

スポンサードリンク


  • by

スポンサードリンク

スポンサードリンク


この記事のトラックバックURL
トラックバック