スポンサーサイト

  • -
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

スポンサードリンク

一定期間更新がないため広告を表示しています

スポンサードリンク


恋空の映画化への道!
<< 中華航空機事故の真相 | main | 極楽天 最高! >>

恋空の映画化への道!

スポンサードリンク

みなさんは【恋空】という小説を読んだ事がありますか?

恋空

確か今から2年前…1年前くらいですかね…友人に紹介してもらった携帯小説【恋空】。

私は小説なんて読まないし、最初は断りました。

でも、「恋空よみなよ」と、あんまり押されたので、

乗り気がしないまま恋空を読み出してみると、案の定ありきたりのような恋愛小説。

しかもその恋空のサイトの見栄えというのがあまりよくなく、

すごく簡単に作られたようなホームページでした。

恋空を数ページ読んだ後、もう読むのをやめようと思ったのですが、

なんとなく読んでいくうちに

        続きが読みたくなってとまらなくなってしまいました。

 恋空の最初の内容は本当にありきたりな感じで、

なんでこんな小説が人気なんだろう…と思っていました。

 恋空は、携帯小説だからという事もあるのか、

       1ページが短いのか、すごく長い小説のように感じました。

 そんな長い恋空でも、いつのまにか、

           次が気になって気になって仕方ありませんでした。


 恋空を読み終わるのに、どのくらいかかったかな…

通勤や就寝前、時間ができた時などにに少しずつ毎日読んでいましたが、

        1週間くらいで読めたと思います。

                   小説などが苦手な私でも読みきれました。


【恋空】のような恋はしたことありませんが、

      なんだか自分の事のように思えて泣いてしまいました。

年齢が自分と同じくらいだったからというのもあり、

             親近感がわいたのかもしれません。

本当によくある話のようですからね。

恋空は、私のような年代には絶大な人気を得て、本にまでなったようです。


【恋空】を読んだのは数年前になるので、

     またこれを機会に恋空を読んでみようかなと思います。

自分も少しは成長しているので

    今度は違った視点から恋空を読めそうなので、楽しみです。

それから、【恋空】は映画にもなるとかならないとか…。

  ここまで恋空が人気になるなんて思ってもいませんでした。

スポンサードリンク


スポンサーサイト

スポンサーサイト

  • -
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

スポンサードリンク

スポンサードリンク


  • by

スポンサードリンク

スポンサードリンク


この記事のトラックバックURL
トラックバック
sponsored links
selected entries
archives
recent trackback
links
search this site.
others
mobile
qrcode
powered
無料ブログ作成サービス JUGEM